おまとめの審査に通らない

おまとめローンを申し込んでいるのに、なかなか審査に通らないということもあるでしょう。おまとめローンを利用したいのに審査に通らなければ、返済に困難をきたしてしまうかもしれません。

 

おまとめローンの審査に通らない理由はいくつか考えられます。まとめた金額が大きくなるためにやはり高い信用度が求められるのです。審査に通りにくい場合は、返済能力に疑問を持たれているのかもしれません。

 

他にも複数のローンを抱えていて延滞してしまった場合なども、新たな審査に通らないことになります。延滞した経験がある人物はまた延滞すると判断されてしまうのが常なのです。延滞が続くことで返済しない、つまり踏み倒すという状況になることがもしも多く起きてしまえば金融機関は経営に支障をきたすことになります。

 

おまとめの審査に通らなかった場合に理由は教えてもらえませんから、自分で考えてその理由を改善してから再度申し込みをすることになります。しかし、収入が少ないといった理由ならそう簡単に改善できるものではありません。

 

まず、おまとめローンを利用する目的を明確にし、場合によっては全額をまとめるのではなくローンの一部だけでも借り換えることはできないかを検討してみましょう。最も金利が高いローンだけであっても、金利が低いところに借り換えることができれば支払う利息を軽減できる場合もあるのです。利用者の方がしっかりとシミュレーションをしなければなりません。

 

それでも返済に問題を感じるのなら、債務整理なども視野に入れる必要があります。とにかく返済が大きな負担となっているのに、そのままにしておくことだけはやめましょう。大幅な給料アップなどが望めない限りは、急に簡単に返せるようになる状況はまず訪れることはないのです。
参照:カードローン借り換え@カリカエル

 

おまとめローンとは?

総量規制の例外として認められている、「顧客に一方的に有利となる借換え」ですが、言い方が難しくていまいちわかりにくいですよね。かんたんにいってしまえば、これはおまとめローンのことを指します。

 

消費者金融などでの借り入れでも、おまとめローンであれば年収の3分の1を超える場合でも借りられる可能性があるのです。

 

顧客に一方的に有利となる、というのは、つまり毎月の返済額や返済総額の軽減ができるということです。ただ単に借換えやおまとめローンを利用すればいいというわけではなく、それを利用することで、より金利が低くなるなどして毎月の返済額が少なくなったり、利息負担額が減って返済総額が圧縮されたりするような貸付けは、利用者には有利になる貸付けになりますよね。

 

でもただでさえ返済に困っているような方に対しお金を貸してしまうというのは、返済能力を超えた貸付けになってしまうのではないか?という考え方もあるのかもしれません。

 

確かに総量規制というのは、そもそも返済能力を超える過剰な貸付けを抑制するために導入された制度です。しかし、その根本には利用者救済という考えがあります。

 

おまとめローンを利用することで利用者の返済の負担が減るということは、利用者救済の理念に適っているため、おまとめローンは総量規制の例外貸付けとして認められているのです。

 

とはいえ、例外貸付けというのは審査によって3分の1を超えた部分の返済能力を認められなければ受けることができない貸付けです。

 

おまとめローンとなりますとそれなりにまとまった額の借り入れになりますので、借入件数や金額があまりに大きかったりまた収入が不安定だったりということがあると審査に通らない可能性もあります。